​会社案内

カネバンのビジョン

「何言ってるのさドク、いいものはどれも日本製じゃないか」マーティ・マクフライがそう断言した1985年も今は昔。一度は栄華を極めたジャパンブランドは荒波にさらされてきました。
現代日本の製造業はお家芸とされた分野で後続との戦いに苦しみ、顧客が本当に必要とするイノベーションが生まれないという状況に置かれています。
その元凶は、ひとえに現場の知恵を製品に反映するプロセスの老朽化にあるのではないでしょうか。
日本国内生産に拘るカネバンは、日本のソフトパワーと全地球上のノウハウを組み合わせ、本物を求めるエンスージアストのための付加価値を提供します。

 
 
代表あいさつ

 私は今日初めてこの学習院というものの中にりました。もっとも以前から学習院は多分この見当だろうぐらいに考えていたにはありませんが、はっきりとは存じませんでした。中へ這入ったのは無論今日が初めてでございます。

 さきほど岡田さんがかたがたちょっとお話になった通りこの春何か講演をというご注文でありましたが、その当時は何かがあって、――岡田さんの方が当人の私よりよくごと見えてあなたがたにご納得のできるようにただいまご説明がありましたが、とにかくひとまずお断りをさなければならん事になりました。しかしただお断りを致すのもあまり失礼と存じまして、この次には参りますからという条件をつけ加えておきました。その時念のためこの次はいつごろになりますかと岡田さんにいましたら、の十月だというお返事であったので、心のうちに春から十月までの日数を大体ってみて、 それだけの時間があればそのうちにどうにかできるだろう(398文字)

そのうちひょろひょろもついにってしまったけれども、こちらからは十月末まで何のごもなく打ち過ぎました。私は無論病気の事をご通知はしておきませんでしたが、二三の新聞にちょっと出たという話ですから、あるいはその辺の事情を察せられて、かが私の代りに講演をやって下さったのだろうと推測して安心し出しました。ところへまた岡田さんがまた見えたのであります。岡田さんはわざわざ長靴をいて見えたのであります。(もっとも雨の降る日であったからでもありましょうが、)そう云ったえで、のまで来て下すって、例の講演は十一月の末まで繰り延ばす事にしたから約束通りやってもらいたいというご口上なのです。私はもう責任をれたように考えていたものですから実は少々ろきました。しかしまだ一カ月もがあるから、その間にどうかなるだろうと思って、よろしゅうございますとまたご返事を致しました。(374文字)
 右の次第で、この春から十月に至るまで、十月末からまた十一月二十五日に至るまでの間に、何かったお話をすべき時間はいくらでも拵えられるのですが、どうも少し気分が悪くって、そんな事を考えるのがでたまらなくなりました。そこでまあ十一月二十五日が来るまでは構うまいという横着なをして、ずるずるべったりにその日その日を送っていたのです。いよいよと時日がった二三日前になって、何か考えなければならないという気が少ししたのですが、やはり考えるのがなので、とうとう絵をいてらしてしまいました。絵を描くというと何かえらいものが描けるようにえるかも知れませんが、実は他愛もないものを描いて、それをにりつけて一人で二日も三日もぼんやりめているだけなのです。昨日でしたかある人が来て、この絵は大変面白い――いや面白いと云ったのではありません、面白い気分の時に描いたらしく見えると云ってくれたのでした。 (387文字)

企業沿革

奥多摩でベスパ専門の板金塗装店として起業

May

1997

カネバン(金子板金)の歴史はわずか数坪のプレハブ小屋からはじまりました。奥多摩という立地にもかかわらず、板金・塗装・整備の技術が口コミで広がり、カネバンの名は多くのオールドスクーターファンの知るところとなりました。小さな小屋で培われた塗装と加工の技術は、現在まで事業の根幹を支え続けています。

日本初! アプリリア&ピアジオ専門店をオープン

April
2008

日本国内では初となるアプリリア・ピアジオ専門ショップとして「カネバン小金井店」(現: モト・イタリアーナ東京西)をオープンしました。高度な技術を惜しみなく提供するのは勿論のこと、ピアジオ社正規代理店として新車販売も行っており、多くのお客様からご愛顧を頂いています。

​確かな塗装技術でキャラクターグッズ製造へ

August
2011

長年にわたり磨き上げた塗装技術を活用すべく、アクリルや特殊素材の加工に着目。多種多様な素材への塗装・印刷に挑戦し続け、これまでに1700種以上、年間約150万個ものキャラクターマーチャンダイズを生産しています。中国やベトナムでの海外生産という常識を覆し、「日本国内でのワンストップ生産」によって価格と品質との両立を実現しました。

製造業の視点をコンテンツ事業へ

WINTER
2018

製造業のノウハウをコンテンツビジネスに応用。

"Create"ではなく"Manufacture"の視点からコンテンツ製作を進めます。

​また、既存コンテンツの海外向けキュレーション・配信事業も展開中です。

 

会社概要

名称

有限会社カネバン

本社所在地

〒198-0104  東京都西多摩郡奥多摩町丹三郎15番地2

電話番号

0428-85-1553

FAX

0428-85-1575

代表者

金子 弘行

設立

1997年 5月

業務内容

銀鏡塗装、特殊板金塗装、特殊塗料・薬液販売、雑貨製造

主要取引先

秋田県、KDDI株式会社、Mobicom Corporation LLC、日産自動車株式会社、東宝舞台株式会社、 凸版印刷株式会社、株式会社バンプレスト、株式会社バンダイスピリッツ、株式会社アートプレスト、 レインボー造型企画株式会社、株式会社カッシーナ、株式会社ホビージャパン、 株式会社サンリオファーイースト

 

Copyright © KANEBAN inc. All Rights Reserved.